アパート経営で押さえておきたいポイントは?

立地の良いアパートを選ぶ

アパート経営をする上で大事なのは立地の良いアパートを選ぶことです。では、立地の良いアパートとはどんなアパートを指すのでしょう。
それは、賃貸需要の多い地域に立つアパートのことです。例えば駅に近い物件でも、繁華街の中に立つ物件では騒音や飲食店からの臭いが気になるので、賃貸需要は多く見込めませんよね。一方で駅から少し離れていても、オフィス街が近くにあれば会社員やその家族からの需要が期待できます。
ただ、駅から近いという理由だけでアパートを決めてしまうと需要の少ない、立地の悪い物件を購入してしまうかもしれません。それを避ける為にも実際に現地に足を運んで周辺環境を確認して、需要の有無を判断するのが大切です。

利回りだけ見て購入しない

アパート経営では利回りの高いアパートを購入するのが良いとされていますが、利回りばかり注目しているとアパート経営に失敗しかねません。
利回りの中でも表面利回りは年間の家賃収入を物件価格で割った数値で表わされるので、物件価格が安ければ利回りも高くなります。ですから、格安で販売されているアパートは表面利回りも高くなりやすいんです。しかし、格安のアパートは古すぎて入居者が集まらなかったり、修繕が必要だったりと、問題を抱えていることが多いんですよね。そもそも不動産会社が提示する利回りは、アパートの部屋が全て埋まった状況を想定した場合が多いです。そのため利回りの高さにつられてアパートを購入したものの、入居者が集まらず経営に失敗することも少なくありません。