管理委託でかんたんにアパート経営!

入居に関する様々な依託

もし空室が出た場合、貸主は自分で募集を行うことも出来ますが不動産会社へ依託をした方が、不動産の空室物件サイトに空室情報を登録し、募集を行うため、空室に申し込みを受ける確率が上がります。その他にも契約者の審査、契約書の作成等も不動産会社で行なってくれます。
また、入居中の管理も不動産会社が行い、家賃の回収や近隣トラブル、設備の故障等に対応を行います。
退去時も不動産会社で立会いを行い、原状回復の費用について借主にその請求を行います。
したがって、不動産会社へ管理依託を依頼した場合、貸主と借主がやり取りを行うことはほとんどなく、代わりに不動産会社がやり取りを行いますので、ほとんど何もすることなくオーナー業を続けることが出来ます。

建物の管理依託について

入居の管理のみではなく建物の管理も依頼することが出来ます。こちらを依頼することにより、依託する契約の内容にもよりますが、火災報知機等の検査を行う消防設備点検、そしてその結果の消防署への提出や高圧洗浄により排水管を綺麗にする排水管清掃等を不動産会社が行なってくれます。日常清掃も不動産会社が行い、建物の美化に勤めています。
また、定期的に巡回を行い、建物に異常を発見した場合は速やかに改善、修理についてオーナーへ報告を行います。また、将来的にかかる大規模修繕費の費用やエレベーター改修の費用を予定し、出費の計画を作成します。
この様なことは、自分で行うことはかなり難しいため、不動産会社へ依頼することが必要になるかと思われます。