資産運用にはアパート経営がおすすめ

収益物件を見極めればアパート経営は儲かります

アパート経営をこれから行なう際には、収益物件の見極めが肝心です。土地を購入してから新築アパートを建設して貸し出すフルコースを行なうにはリスクが高すぎるので、中古物件として販売されている収益物件をよく調査して計画的にアパート経営を行なえば利益が出せます。
収益物件が売りに出されている理由として、土地を購入した新築したアパートの価格では利回りがマイナスになってしまうケースがあります。売却して別の物件を購入する選択に切り替えたオーナーは、新オーナーとは利回り計算を行なうさいの分母が異なるので、これから購入しても実質利回りがプラスで周辺人口の減少が無ければ収益を安定して出せる可能性が高くなります。アパート経営では、最初の物件をいかにして見極めるかが最大のポイントとなるわけです。

リスク管理はしっかりと行なう必要があると知っておきたい

アパート経営を行なう際には、入居率をいかに維持するかか重要です。サブリース契約を不動産屋に勧められることがあるかもしれませんが、都心の高級賃貸マンションでもなければ、直接貸す場合よりも手元に入る賃料が2割程度減ってしまうのでオススメ出来ません。
管理会社として信頼出来る所に変更した上で、購入したアパート管理を行なうことが必要となるでしょう。前のオーナーが手放した理由を徹底して排除するために、空室率が増えてしまう原因の1つとして管理会社を疑ってかかることも時には必要となるからです。入居者同士のトラブルを適切に対処できていれば、更新手続きを行ってもらえるので安定して賃貸に出せます。アパート経営は、オーナーとして入居率と収益を上げるための冷静な判断が出来る人に向いています。