自分でもできるアパート経営!

アパート経営は誰でも出来るけど個人じゃ難しい!

アパート経営は元々土地を持っている人やお金に余裕がある人がする仕事だと思っている人がいますが、実際は誰でも出来ます。なぜならアパートを購入する時の資金は低金利の住宅ローンを利用できる上、家賃収入でローン返済が出来るからです。その為初期費用として必要な金額は、ローンの頭金と手続きにかかる手数料のみとなります。
しかしアパート経営をした事が無い人が、入居者管理、物件管理等するのは困難です。そこでほとんどの人は不動産屋にお願いして、管理してもらう事になります。不動産屋ではアパート経営の相談をいつでも受け付けている他、定期的にアパート経営の説明会を開いています。よってアパート経営に興味がある人は相談すると、ローン手続き他疑問に思う事は全て教えてもらえます。

アパート経営のリスクと回避方法について

アパート経営は誰でも出来るとは言うものの、リスクはあります。多くのアパート大家が一番恐れるリスクは空室で、空室があると家賃収入が途絶えローン支払いが自分負担になるからです。
そこで頼りになるのもやはり不動産屋で、不動産屋は賃貸のプロとしてアパートを建てる時に需要が多い間取り、アパート外観等を教えてくれます。またアパートの家賃相場、築年数による家賃の違い等も、他の物件との調和を考えてアドバイスしてくれます。その為新築のアパートが空室に悩む事は極めて稀なケースですが、それでも心配な人には不動産屋が一括管理してくれるシステムがあるのです。これはアパートを一年間不動産屋に託すシステムで、空室でも満室でも変わらないお金が大家に支払われる代わりに手数料が家賃から引かれます。